連帯保証人とは

私は、どうしても現金が必要で、すぐに用意できなかったときに、主婦でも借りれる金融でお金を借りたとこがあります。

その時、保証人のことが気になったのですが、保証人なしで借りることができたので良かったです。

保証人や連帯保証人について少し調べてみました。

連帯保証人とは、借主と同等の義務を負うことになるので、連帯保証人に請求があった場合には、文句も言えずに支払いをしなければなりません。

連帯保証人になってから、いざというとき、なんとか責任逃れをしようとする人が多いのが事実です。実際に最終的には逃れることができませんが・・・

また、極端な話になりますが、夜逃げや自殺なんかの事件や事故が万が一あった場合、親族以外の方はほとんどが事後処理に協力はしてくれません。

仮に、会社の上司や友人を連帯保証人として立てたとすると、事件や事故が起こると、もうその社員は退職をしたので関係ないです。とか、もう友人ではないので・・などと平気で言ってきます。おまけに、契約期間中に連帯保証人をやめたいなどのとんでもないことを言ってくる人もいます。実際に、連帯保証人を途中でやめることはできません。

最終的に助けてくれるというか、協力をしてくれるのは、親族しかいないというのが現実なのです。

連帯保証人を途中でやめたいなどという方がいるので、説明してみますね。

連帯保証契約は、部屋の借主と連帯保証人になっている方の間に結ばれている契約ではなくて、大家さんと連帯保証人の間に交わしている契約となります。

そして、この連帯保証契約は、連帯保証人の都合や、大家の都合で勝手に解約できるものではないのです。どちらからの都合で解約ができてしまうという契約では、連帯保証契約そのものの意味がなくなってしまいます。

連帯保証人になるという方は、そのあたりもしっかりと認識をして、連帯保証人として契約をするように注意してくださいね。不動産賃貸借の連帯保証人契約は、連帯保証人承諾書・契約書といったような書類名になっていることがほとんどですね。

連帯保証人を親族にお願いしたいけれど、親は定年退職して収入額からして保証能力がないとみなされてしまうことは確かに多いんです。

親御さんではなくてもいいので、血縁関係にある方で、固定収入のある方にお願いをしてみてください。

または、連帯保証人をたてるのとあわせて保証会社に加入するなどの解決方法がありますよ。

連帯保証人がどうしても必要なんだけれど、連帯保証人の依頼をしたくないという方が増えているのが現状です。

保証人をお願いすると、余計な気を使わなければなりませんし、保証会社に加入して保証料を支払って済むのであれば、その方が面倒くさくはないと思います。家主さんが了承してくれれば契約は成立します。

ただし、家主さんの印象としては、親族にも連帯保証人になってもらえないような信用のない人と偏見を持たれてしまう可能性は捨てきれませんね。

これから、高齢化や少子化が益々進んで行くと思うので、子供がいないから連帯保証人が立てられないこれ医者の申し込みというのが増えてくると思います。

保証人問題は少しずつ変化もしていくと思いますが、まだまだ難しい面も多くあるようです。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>