急にお金に困った時の対処法

急にお金が必要となった時、私は金融業者等からお金を借りる事だけは、後々問題が色々と起きたりしたら嫌なので借りたくないので、何とか自分の貯金を出したりすると思います。

特に定額貯金などの場合自分の口座なら、自分の口座からお金を一時借りる状態にする事も可能なので、そのシステムを利用したりすると思います。

また、自分の家族か主人の家族から何とかお金を貸してもらう事を選ぶと思います。自分の家族ならまだ言い易いのですが、主人の家族に頼むには結構恥ずかしいし、遠慮をしてしまうかもしれないので、そういった時には主人にも頼んでもらって協力をしてもらうと思います。

自分の貯金、家族の協力でもどうにもならない時には、必要なお金の支払日まで、何とか日雇いのバイトでも何でもして何とかお金を作ると思います。

とにかく、お金を知人などから借りたり、金融業者から借りたりするとかえってトラブルを招く原因になり兼ねないので、それだけは何としても防ぎたいので、何とか家庭内又は親戚までに留めておくと思います。

と言うのも、実際親戚の中にお金を友達に貸したまま戻って来なくて連絡が取れなくなったと言うケースもあるので、そういった話を聞くと、自分も友達等にちゃんと返してくれるかどうか不安がられるのも嫌だし、金融業者から高い利子を取られたりするのも嫌なので、まだ家族や親戚の中だけで留めておけるものなら何とか親戚等にも頼むと思います。

お金を人から借りるという事はちゃんと返せる見込みが無いとしたくないので、必要になるお金の額にもよりますが、なるべく自分で何とかして、どうしても無理の時だけ親戚等に頼むようにすると思います。

金融機関に借りると思った以上に利子が高かったり、返済期間に追われるような生活をするのも嫌なので、そういった時のためにも急に仕事が必要になってもすぐに働ける、直ぐに給料が貰えるような仕事を普段から見付けておいて、困った時には働けるようにしておきます。

ただ、本当にどうしようもなくなった場合は、金融機関のカードローンをを利用するしかないのかな…とも思いますが。

大手の金融機関であれば、金利面もしっかりとしているみたいですし。イメージではどうしても怖い感じがしてしまうんですが、実際はそうでもないみたいです。

こちらを参照に

もちろん、中には絶対に借りてはいけない業者もあるみたいなので、大手以外は利用しないように気を付けないといけませんが。。。

まぁ、借りないようにするに越した事は無いですけどね。
【私がお金に困った事】
●急にお金が必要になった場合はどうするのか

急に何等かのお金が必要になった場合は定期預金を解約するのがいいのではないのかと思う。

私も去年水道のもれがみつかったので、修理を頼んだがその代金が30数万円というものなので、支払いを銀行の口座振替にしてもらい、郵便貯金の定額貯金を解約して振り込んだ。

また何年か前に家の外装工事と屋根の修理に百万円ぐらいかかったが、その代金も定期預金を解約してしはらった。またその時点で畳表の取り替えをやったが、その代金も定期預金を解約したものである。

私の場合預貯金がかなり有ったので、それを解約して支払えたのである。預貯金がなければどうなっていたのだろうか。私はその時点では、収入は公的年金と個人年金しかなかったのである。消費者金融から借金はとても出来ないのである。私は若い時からことこつと金を貯めていたので、そのようのことができたのである。

急にお金が必要になったので借金ということもあろうが、ただそう簡単に借金をしない方がいいと思う。銀行から借金をする際審査なりそれなりの書類が必要になってくるのだろう。その為そう簡単には借りられないのだろう。消費者金融は銀行ほどうるさくはないようなので、簡単にかりられるようだが、利子が高いような感じがする。

私はある人から子どもの進学の借金を銀行からしたが、利子が高いと言っていた。政府系の国民金融公庫からだとそれ程利子は高くないとも言っていた。進学のための借金は担保となるものがないので、利子が高くなるのだろう。

また奨学金も貸与型が多いので、借金となって残って来るのである。ただこれも借りなくてはならない状況であるのだろう。

少額の借金ならば親戚なり知人に頼むこともできるが、高額となるとどうなのだろうか。
返すあてがあるならば。借金は自分の収入の範囲でやったのがいいのである。返す金額が多いと生活にも響くのである。

何かに備えて普段か貯蓄しておくのが良いと思う。私は若い時からやっていたので、それが先に書いた事で、だいぶ助かったのである。
●急にお金が必要になったときにとるいくつかの手段方法

急にお金が必要になることはよくあることですが、まず第一に始めることは家にあるものをオークションに出品することです。

オークションで売るのはお金が入るまでは最短でも数日掛かりますし、売れるかわからない部分もあって不安ですが売れたときには結構いい値段が付くものです。

まずは売れそうなものから順番に売っていきます。オークションでは思いがけないものが高値で売れたりするのでそれだけで一時的にお金が入って生活の足しになることもあります。

それでも不足の場合には家にある貴金属を売ります。今は金の値段が高いのでネックレスやプラチナの指輪を高く買いとってくれるお店に行って売ってきます。それでもたりない場合には親に借ります。

親に借りるのには勇気がいるし迷惑をかけることが心苦しいのですが、いちばん借りても損はしないところは身内などに借りることです。

まとまったお金が入るときやお金が多く入ったときなどにコツコツと返済できることがメリットなのでお金を借りるなら親や身内です。またそれも出来ない場合には、最終手段ですがキャッシングやカードローンです。

これは、最終手段ですがどうしてもお金が必要なのに手元にない、親にも身内にも頼れないと言ったときにはこの方法しかないです。

金利や利息を考えると高くつきますがお金がなくて困っている場合にはそんな悠長なことは言っていられませんので、最低金額を借りて必ず返済できる範囲でやっていくことです。

また最短で返済できるようにすることで利息が少なく抑えられますので借りたら翌日に最短で返済することです。大きな出費の予定がなくても予定外の出費が入るときがあります。

その時に慌てないようにするために計画してお金を使っていくのがいいことなのですが、なかなか計画通りには進まないので、どうしても困ってしまったときにはまずは最初に身の回りのものを処分するという意味を兼ねてオークションを利用します。

その次の手段としては親や身内に相談し、それでもダメならキャッシングやカードローンにお世話になります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>